​新型コロナウイルス感染症対策について

当社においても感染症対策は施しておりますが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご参拝のみなさまの安全・健康を考慮し、
以下のことについて、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

※境内ではマスク着用と咳エチケットにご協力をお願いします。
※発熱、咳、かぜ症状等で体調がすぐれない方はご参拝をお控えください。
※本殿の鈴紐および手水舎の手ぬぐいは撤去しております。

一日も早い事態の鎮静化とみなさまのご健康を心よりお祈り申し上げます。

波折神社御遷座八百年奉祝祭 祭事延期のお知らせ
​平成31年より準備を進めて参りました御遷宮八百年奉祝祭は、新型コロナウイルス感染症の影響による厳しい経済状況下、地元津屋崎の皆様をはじめ、津屋崎にご縁のある全国の方々の御奉賛を賜りました。修復を終えた社殿は立派で威厳のある姿に生まれ変わりました。あらためて御礼申し上げます。
さて、予定をしておりました奉祝祭行事につきまして、新型コロナウイルス感染防止の観点から、下記のとおり変更いたします。

奉祝祭行事日程
神事:
令和3年10月9日(土) 関係者のみで斎行いたしました。


その他:
 境内ライトアップ (終了いたしました)
 つやざきみくじ  (終了いたしました)
 ※津屋崎みくじについて
  津屋崎の方々にお聞きした、昔から地域に伝わる名言・格言・名台詞などをおみくじにしました。
  海にまつわる神社にふさわしい、環境に配慮した水に溶ける紙を用いたおみくじです。

祭典:
 神事以外のすべての行事は、新型コロナウイルス感染症の収束後、開催いたします。
​ ※令和4年10月2日(日)に予定しておりましたが、再度延期となりました。

 
​波折神社について

古いまちの面影が残る、福岡・津屋崎千軒にある神社です。

津屋崎(つやざき)は、江戸時代から昭和初期頃まで行われていた塩の積出港として大いに栄え、その当時の賑わいは、家が千軒もひしめくようで、津屋崎千軒と呼ばれました。
 

「波折(なみおり)神社」は、津屋崎千軒の中心部にある氏神です。毎年7月になると市指定の無形文化財である「津屋崎祗園山笠」が行われ、津屋崎人形が飾り付けられた山笠がまちのとおりを駆け抜けます。

​波折神社御遷座八百年奉祝祭

御由緒尊き当社が御遷座されまして、令和三(2021)年に八百年を迎えます。津屋崎の氏神として護持され、また地域の心の拠り所として親しまれてまいりました。先人たちが守り続けた地域の宝を、私たちが未来へ繋ぐ節目として、百年に一度の大祭を斎行いたします。​